真心サーチ

太陽が直接肉眼で見えてしまった

2022年下半期初日。

「さて、どんな下半期になるのかな~?」
と、起床後すぐにワクワクして過ごしていたんですが、初日の7月1日から凄い体験をしてしまいました。

太陽が直接肉眼で見えてしまった
もちろん目には全く異常なし。
もちろん生まれて初めての体験…。

経緯を。
キッカケは、空を眺めていたら、なんだか凄い雲があり…。
最初の写真です。

ある一点に向かって、雲が吸い込まれているような感じ。

拡大。

ずっと見てると、光が差して来たっていうか、穴が開いた感じになり。

ついに、いきなり「青い部分」が出現。

青い部分は、どんどん広がっていきました。

写真のアングル以外の方角にも、青い部分が広がって来たので、いろいろ見ていると…、
「あれ!?」
灰色の雲間から見える、真っ青な部分に「白いまん丸い物体」が見えて来たんです。

「なんじゃ、ありゃ!?」
よくよく見ながら考えたら、「太陽」でした。
(時間と高さの関係で)

「なんであんなにくっきり太陽が、しかも肉眼で直接見えてしまうの!?」
と、ビックリしつつ、ずっと凝視していました。

だんだん光が強くなるものの、でも肉眼で直接見ることが出来るんです。

スマホで連写するも、これだけかな?割と分かりやすいの。
(「←」入れてみました。本当はもっとハッキリ見えるんですがね…。)

光が強くなってくると、徐々に「青っぽい緑色の円」になりました。
時々、「輪郭だけ黒くて、中は透明」にもなったり。

全然無理なく見れてしまうんです。
もちろん目は何ともありません。

やや放心状態になりつつ、場所を変え、様々な模様を繰り広げる雲の様子を観察しながら、時々太陽に目をやると、やっぱり肉眼で直接見えてしまうんです。

2時間ほど、ずっと空を眺めていました。

超絶な不思議体験をした、2022年下半期の初日でした。

関連記事

ブログ

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

明るい話

情報検索に役立つコンテンツ