新緑と真っ青な空に初夏を感じて~季節の花も続々と開花中

20度越えの日が続き、ここ数日好天にも恵まれた札幌です。
半袖で歩く人の姿も随分見られるようになりました。

藤棚の様子を見回りながら、真っ青な空と力強い新緑の色に「初夏」を感じる日が2日続きました。
2日連続で、雲一つない真っ青な空の日に出掛けられた幸運に感謝しています。

大きなポプラの木の葉が、風に吹かれると「鳴る」んですね。
その音が、まるで海の波のようにも感じられて、とても心地良い時空間でした。

木々の葉も形・色ともに、初夏らしくなってきました。

ノムラカエデは、太陽の光を浴びると真っ赤に見えるようになりました。

他の種類のカエデ(ハウチワカエデなど)の葉も、「もみじ」のくっきりとした輪郭を帯び、綺麗な緑色になっています。
「ちょっと暑いなぁ~:苦笑」
と感じる中でも、どこか涼しさを感じさせてくれる葉です。

さて、続々と初夏の花が咲いて来ています。

可愛らしいコデマリの花や、

豪華なシャクナゲやアザレアの花も。

そして、薔薇も咲き始めて来ました。

アーカイブ

ブログ

観光・旅行案内

明るい話

カテゴリ