真心サーチ

名古屋城の上に金の鯱がある理由

名古屋城の天守閣に燦然と輝く鯱(しゃちほこ)。
海のギャングと言われる「シャチ」と違い、インドの神話に登場する怪魚マカラと言われています。
マカラは、神が乗るイルカに似た動物とされ、インドでは門などの装飾に用いられていました。

火災から守る魔除け

鯱の頭は竜で、背中に鋭いトゲがあり、魚のような架空の動物です。
鯱は、古来、建物を火事から守ると信じられてきました。

そこで、城を火災から守ることを願い、金の鯱が天守閣に据えられました

余談になりますが…、名古屋城の鯱は金製のため、金の鱗が盗まれる事件も起きました。
58枚も盗まれたとか…。

関連記事

歴史の雑学

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

現代コラム

情報検索に役立つコンテンツ