真心サーチ

サッカーワールドカップが4年に1度の理由

サッカーワールドカップは、元々オリンピックを意識して、オリンピックに対抗する形で始められました。
サッカーワールドカップが、オリンピック同様、4年に1度の開催であるのは、そういった理由からであります。

オリンピックにもサッカー競技はありますが、それとは別に、サッカーのワールドカップを開催することになったのには、経緯があります。

アマチュア主義が優先された五輪

今でこそ、オリンピックにもプロ選手が出場できるようになりましたが、オリンピックは長く「アマチュア主義」を貫いてきました。
ずっと以前から、「サッカーのプロ選手もオリンピックに参加させたい!」というサッカー界の主張を、オリンピック委員会が拒否し続けていました。

プロ・アマ問わずサッカー世界一を決めよう!

オリンピック委員会との折り合いがつかなかったため、「プロ・アマ問わず、サッカーの世界一を決める大会を開こう!」ということで、1930年にウルグアイで第一回サッカーワールドカップが開かれました。
サッカー界が、独自の世界一を決める大会・サッカーワールドカップの開催を決めたわけです。

オリンピックの中間に当たる年に開催することに決めました。
サッカーワールドカップが4年に1度の開催であるのは、オリンピック委員会との確執(?)がキッカケであったわけです。

スポーツ観戦が好きな人にとっては、「結果オーライ!」になったのでは?

関連記事

スポーツの雑学

明るい話

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

現代コラム

情報検索に役立つコンテンツ