真心サーチ

物価高騰が続くけどランニングコストが安くなった理由

一時ガソリンの高騰も凄かったですが、しかし、「食品」「外食産業」の物価高騰が続いてますね…。
家計に直撃している家庭も多いのではないかと思いますが、実は私、「食費」のランニングコストは前より安くなりました^^;
その理由を書きます。

健康管理を優先させた結果が生んだ出来事

昨年(2021年)に健康管理の意識が一気に高まり、これまで食べていた食品や調味料について結構調べました。
「健康に悪影響があったんじゃないか…?」と、年々あっちこっち痛くなる箇所が増えてきたせいもあって…:汗

「小麦」のことを知り、「なるほど…」と思うも、至るところに小麦が入っていますね…。
そこで、パンは一切止めました。ほぼ完全に「お米」に変えました。
それと調味料も「グルテンフリー」「無添加」にこだわり、通販で購入するようにしました。

それと「キャノーラ油」。
こちらにはかなり驚き、無添加のオリーブオイルに一気に変えました。
年々、油っぽい食品を食べるのがキツク感じるようになっていた理由だったんですね。

「小麦」と「油」のことから、「コンビニ弁当」は自ずと一切食べなくなり、外食自体かなり減りました。
自炊が多くなりましたが、簡素な物しか作れずとも、明らかに体調が良くなりました!

その他にも「重曹クエン酸ドリンク」を毎日飲むようにしてから、長年手放せなかった「胃薬」が一切要らなくなったり等、いろいろ実行しています。

その結果、毎月「あれ?なんで今月こんなにお金余るんだ??」という現象が起きました
「健康管理」に重点を置いた結果が生んだ副産物だったわけです。

海外からの輸入品って輸送コストがかかりますよね?その影響が大きいのでしょう。
お米、野菜、魚、調味料も全て国内産です。

物価高騰にお悩みの方に参考になればと思い書いてみました。
(P.S. ラーメン好きなので、ラーメンは時々食べに行っています:苦笑)

関連記事

現代コラム

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

明るい話

情報検索に役立つコンテンツ