海には突然水温が低くなる場所がある

海で泳いでいると、突然海水が冷たくなることがあります。経験ありませんか?
同じ海なのに、なぜ急に海水の水温が変わるのでしょうか?

海水は場所によって塩分濃度が違う

岸に近いところは、潮の流れが緩やかなため、太陽に暖められて水温が上がります。しかも、川の水が流れ込んでくるため、塩分は少ないです。
ところが、沖の水は冷たい上に、塩分が多いです。

岸の海水と沖の海水の違い、つまり密度が違うために、海水はなかなか混ざろうとせず、境目が出来ることになります。
そのため、水温も違い、境目を泳いでいると、急に海水が冷たく感じられるわけです。

海水の境目では、急激な水温の変化のため、筋肉が収縮して足がつりやすくなるので用心してください。

関連記事

自然の豆知識

観光スポット

イベント情報

北海道の穏やかな暮らし

中カテゴリ