真心サーチ

他人と比べないで自分の進化を楽しむ

自分のことを「不幸だ…」「しがない人生だ…」と悲観している原因、誰かと比較していませんか?
「大多数と自分が違っているから自分は…?」「周囲の人たちと環境が違い過ぎるから…」
「普通と違う」から。
「普通」って何でしょうね…?

周囲が幸せそうに見えるから、自分は不幸だ。
本当にそうでしょうか?

不幸だと思い込むと、自分を卑下してしまい、益々落ち込みませんか?
または、「嫉妬や妬み」から、他人へ攻撃的になってしまう時ってありませんか?
そして、気付いたら周囲と更に距離が出来てしまい…。

精神的な乱れ、生活の乱れに繋がる、そんな体験をしたことありませんか?
私はあります。
他人を羨んだところで、何も生まれませんでした。

自分の幸せって何だろう?

他人がどうであれ、自分がちょっとした幸福感に包まれれば良いのかと思います。

自分のちょっとした幸せを感じるために、例えば、収入を減らしても余剰時間を作る。
そして、生まれた余剰時間で自分の好きなことを楽しむ。
「お金をあまり掛けない楽しみ」って案外沢山あると思うんですよね。

そして、ちょっとした幸福感の積み重ねで、いつの間にか結構満足出来る幸せな感覚になっていたり。

自身の体験から、私にも思い当たるから書いているワケでして…汗
そして、今は「自分らしく」「自分の好きなこと」へ歩み始めています!

(※この文章書きながら、「あぁ、自分変わったなぁ」としみじみ感じています:笑)

少し前の自分と比較して、自分の進化を確かめる

何年も前の自分と比較すると、歳を重ねるごとに「出来なくなる」ことってありますよね?
ですから、「ちょっと前の自分」と今の自分を比較して、「今日は楽しかったか?充実していたか?」を振り返るようにしています。

よくやるのは、1日前の自分と今日の自分を比較して、
「あ!今日は昨日より随分充実してたぞ!?」と喜ぶことです。
昨日よりも充実していなかった場合は、1週間前の自分と比較してみて、
「1週間前は全然ダメダメだったから、まぁいいか!」と開き直るときもあれば、
「ダメだ!修正しなければ、また負のスパイラルに引きずり込まれる!!」と反省してみたり。
時々、1か月前や数か月前の自分とも比較してみたり。

そのために、私は簡単な日記を書いていますが、方法は色々あるでしょうね。
カレンダーや手帳に簡単にメモしてみたり、日付に色分けして印を付けてみたり。
一時、楽しかったことや良い出来事「だけ」を書き記しておいたこともありました。

そうこうしているうちに、「何年も前の自分では出来なかったこと」にも気付けるかもしれませんね。
私はようやく実感しつつある最中です!

自分の好きなことって何だろう?

「自分が好きなことを探す」ことが一番難しく感じるかもしれませんね。
私はそうでしたし、今でもそうです。
でも、少しずつ広がり、あるいは増えたりしています。

幼なかった頃、「創作すること」に喜びを感じていたことを思い出して、ちょっとした発見を創作活動に広げて楽しんでいます。
そして自分が創作したものが、たまたま誰かに役立ったら、最高に嬉しいです!

「自分らしさ」って、「創作を通して自分を表現できることなのかなぁ?」そんな感じもしています。
(創作~絵画、アクセサリー作り、装飾、園芸、音楽、料理などなど、実はすごく沢山あると感じています。)

関連記事

明るい話

人体の雑学

日常生活の雑学

北海道の穏やかな暮らし

情報検索に役立つコンテンツ