真心サーチ

大根で腸内環境改善

大根は90%以上が水分です。
しかし大根は、食物繊維のほか、ビタミンC、ビタミンBを豊富に含んでいます。
また、ミネラルのカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、リン、硫黄なども豊富です。

低カロリーなので、一度にたくさん食べられるのも魅力的な野菜です。

大根には様々な消化酵素も含まれている

大根には、消化を助ける消化酵素がたくさん含まれています
例えば、
アミラーゼ~デンプンなどを分解し消化してくれる
プロテアーゼ~タンパク質を分解してくれる
リパーゼ~脂肪の分解を助けてくれる

このように大根には、様々な消化酵素がたくさん含まれているので、大根を食べることで一緒に食べた物の消化を助けてくれます
食べた物の消化吸収を助けてくれるので、大根を食べることは体内の毒素排出(デトックス)にも適しています

つまり、消化酵素の働きにより、腸内環境が整えられ、便秘を解消する効果が期待できます。
腸内環境を改善することは、免疫アップやアンチエイジング(老化防止)には欠かせないことです。

癌予防にも効く「イソチオシアネート」

大根をおろすことによって発生する栄養成分があります。
イソチオシアネート」といいます。
大根の細胞が壊れることで化学反応が起き、初めて作られる成分です。

イソチオシアネートは、硫黄化合物の一種で、消化を助ける効果がある他、抗酸化作用、殺菌作用、解毒作用、老廃物の排出などを促す効果があります。
体内に残留している有害なものを無毒化してくれるので、正に「天然のデトックス成分」です。

イソチオシアネートで最も注目されているのが、「癌への効果」です
癌細胞の発症を防ぐ効果があり、癌の食事療法でも注目されているくらいです。

消化酵素を取り入れるのに適した大根料理

大根の栄養と消化酵素をしっかり吸収できる調理は「大根おろし」です。

先に書いたように「イソチオシアネート」は「大根をおろす」ことで発生します。
また、消化酵素は熱に弱いので、加熱すると消化酵素の働きが弱くなってしまいます。

更に、大根おろしは、肝臓の消化とデトックス機能を上げる働きがあります。
大根に含まれる硫黄は、胆汁液を最適の濃度に保つのに役に立ちますし、脂肪の消化も助け(リパーゼ)、胆石を予防してくれます。
特に、肝臓の働きを上げるには「大根おろし」がおすすめです。

生食がおすすめなわけですが、農薬をしっかり水で洗い流してから食べないといけませんね。
(無農薬だと最高ですね!)

関連記事

食べ物の豆知識

人の体の雑学

教えて知恵袋

身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

現代コラム

情報検索に役立つコンテンツ