【2024年】すすきの祭りのイベントタイムテーブル他、屋台などの紹介

札幌夏まつりの一環で、「すすきの祭り」が開催されます。

2024年のすすきの祭りの開催期間は2023年8月1日(木曜)~8月3日(土曜)の3日間です。

すすきのが出来てから150年以上が経ちます。すすきの祭りは、日頃の愛顧への感謝と今後の発展を願うお祭りです。

開催期間中は「札幌駅前通り」を中心に様々なイベントが行われ、屋台も多数出店します。

そこで、すすきの祭りの3日間で行われるイベントのタイムテーブルと屋台の様子を紹介します。

主なイベント紹介

すすきの祭りを代表する主なイベントを紹介します。

花魁道中(おいらんどうちゅう)

すすきの祭り最大のイベントが「花魁道中」です。

華やかに着飾った太夫が南7条の豊川稲荷を出発し、南4条通まで約1時間かけて歩きます。

オーディションで選ばれた太夫役の美しい姿を一目見ようと、例年多くの人が集まります。

太鼓演奏

北海道内の太鼓チームが集まり、盛大な太鼓演奏が行われます。

ビル街に鳴り響く太鼓の音は迫力があり、また、華麗なテクニックを見ることが出来ます。

神輿渡御(こんこん神輿)

札幌市内の夏祭りで練り歩いていた全部の神輿が、すすきの入口に集結します。

中でも「こんこん神輿」はとても大きな御神輿です。

全部で担ぎ手は1000人を超える盛大で賑やかな神輿渡御です!

女衆神輿

珍しい女性だけの御神輿です。

よさこいソーラン踊り

6月に開催された「よさこいソーラン祭り」に出場した約20チームによる演舞が行われます。

よさこいソーラン祭り常連チームによる踊りは圧巻です!

すすきのナイトフィーバー

すすきの祭りの最後に行われ、ステージ前がディスコのようになります。

観客はもとより実行委員会の方も一緒になり、祭りの最後を盛り上げるべく皆で踊るイベントです。

3日間のタイムテーブル

すすきの祭り3日間のスケジュールです。

(※結構時間が前後しますので、10分ほど余裕を持って行くといいと思います。)

【8月3日(木)のタイムテーブル】
【8月4日(金)のタイムテーブル】
【8月5日(金)のタイムテーブル】

どんな屋台が出る?

すすきの祭り当日は歩行者天国になり、飲食屋台が約90軒も出店します。

ただ、屋台というよりも「屋台&ビアガーデン」といった感じです。

屋台の営業時間は「17:30~22:00」くらいですが、結構アバウトな感じです。(開始もゆっくり、終わりもゆっくり閉店といった雰囲気)

屋台の隣にテーブル席があり、テーブルと椅子を利用して飲んだり食べたり!

注文は概ね各屋台のスタッフの方が聞きに来てくれます。

色々な店舗が屋台を出しますが、食べ物は大体似たような感じです。

飲み物はビール500円から。

すすきのらしくシャンパンやテキーラを出している屋台もあります。

個性的なコスチュームのスタッフがいる屋台もあったり(うさぎのような…笑)

屋台が出るのは、すすきの祭りのメインストリートになる札幌駅前通りよりも、脇道(南5条通りなど)に沢山出ます。

札幌駅前通りから離れているところは、結構空いているかもしれません(?)

会場場所とアクセス

すすきの祭りの会場です。

【交通機関】
  1. サポサツ
  2. 観光・イベント情報
  3. イベント情報

関連記事

サイト内検索