真心サーチ

重曹うがいと歯磨きのメリットしか感じない体験談

重曹を水に混ぜてうがいをしてから、何も付けない歯ブラシで歯磨きをする
そんな歯磨き方法と出会い、実際にやってみたら驚きの効果でした。
歯磨きした後の歯触りが全然違う!!
今までは何だったんだ!?と笑ってしまうくらいで…苦笑

初回で、従来の歯磨き粉での歯磨きとの違いに驚きました。
初めて試したのが、この記事を書いている1年位前でしょうか?
以来、ずっと継続しています。

寝る前に歯磨きしても、歯磨き粉のスースーする感じもないので、寝付きにも影響はありません。
また、「重曹うがいでの歯磨き」を実践する前に、いろんな体験談を読みましたが、
「口臭が気にならなくなった!」とか、
「子どもが歯磨きをしてくれるようになった!」との体験談も見ました。
(そういえば、私も小さい頃、歯磨き粉のあの味が嫌で歯磨きが嫌いだった記憶があります…。)

重曹うがいと歯磨きのやり方

「重曹うがい」をしながら「歯磨き」をします。
「重曹で歯が研磨されてしまう」とか、デメリットを書いているものも見かけますが、歯ブラシに直接重曹付けて磨けば、研磨されすぎる可能性はあるかもしれませんけど、それは従来の歯磨き粉だって同じことなわけで…苦笑

以下に「重曹うがい」と歯磨きの手順を紹介します。

【重曹うがい用の重曹水を作る】
「水100cc」くらい(コップの半分くらい)に「重曹を小さじ1杯」(もっと少なくてもいいと思います)。
「重曹水」を作ります。

【歯磨きの前に「重曹うがい」】
まず、「重曹うがい」をします。重曹うがいの仕方が大事です
「ガラガラ」ではなく「クチュクチュ」です
喉でうがいするのではなく、歯を洗浄するイメージでうがいします。

30秒ほどクチュクチュしてもいいのですが、ちょっと長い気がするので、私は「クチュクチュ」のうがいを10秒、2回に分けてやっています。

【歯磨きと仕上げ】
その後に、何も付けていない歯ブラシで歯を磨きます。
磨き終えたら、最後にまた「クチュクチュ」で、重曹うがいを10秒ほどやって終わりです。

重曹は慣れてくると目分量でわかるので、小瓶に入れておいて、水の中に振りかけて入れられるようにしてあります。

すごい簡単だし、虫歯が多かったんですが、歯に違和感を感じることもなくなり、特に寝る前はあのスースーする感じもなく、寝付きも良くなりました!

関連記事

人の体の雑学

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

現代コラム

情報検索に役立つコンテンツ