【2024】さっぽろライラックまつりのグルメや吹奏楽等の生演奏で解放感を!

「札幌の木」に選ばれているライラック。
ゴールデンウィークを過ぎると、気温の上昇と共に札幌市内でライラックの花が咲き始めます。
札幌市民に愛されている花の一つです。

ライラックが見頃になる時期に合わせて、「さっぽろライラックまつり」が大通公園で開催されます。
大通公園では新年度最初のイベントになります。

【開催期間】
【料金】
【会場・アクセス】

さっぽろライラックまつりは、ライラックの花に包まれながら北海道の名産グルメやワイン、吹奏楽等の生ライブや各種イベントを楽しめます。
また、大通公園で行われる大きなイベントの中でも、解放感があるイベントです。

さっぽろライラックまつりの大通会場の様子と、開催時期のライラックや大通公園内の雰囲気を紹介します。

大通5丁目会場

大通5丁目会場では、「ライラックの苗木販売」や「いけばな展示」、「アンティークマーケット」等さまざまなイベントブースがあります。

いけばな展示コーナー。
ライラックの花などを用いた素敵な生け花が展示されます。

ライラックの展示と苗木販売コーナー。
札幌市公園緑化協会の協力で、ライラックの育て方の相談もできます。

ライラックは色々な品種があり、苗木の購入は1,000~1,500円です。

土日には、折り紙や昔の遊び体験コーナー・彩り字手紙教室・スタンプラリーなどなど、小学生が楽しめるイベントブースが沢山登場!

けん玉やこま回しといった遊びを体験できる「昔の遊び体験コーナー」。
今となっては、新鮮に感じるのでしょうか子どもたちは楽しそうに昔の遊びを楽しんでいます。

こちらは書道体験教室。
子どもたちはスタッフの方に優しく教えていただき、個性ある作品を創作。
なかなかの出来栄えですよ!

ライラックスタンプラリーは、小学生以下だと集めたら記念品と交換してもらます。
(「記念に!」と言って、高校生くらいの子たちがスタンプを持参のノートに押して楽しんでいる姿もあったり:微笑)

また、屋外で煎茶や抹茶を入れて楽しむ茶会の「野だて」も実施されます。
(参加費500円、小学生以下は無料)

その他、様々なイベントが開催される大通5丁目会場です。

大通5丁目会場のスケジュールです。

【5/15(水)~17(金)(10:00~16:00)】
【5/15(水)~19(日)(10:00~16:00)】
【5/18(土)・19(日)】

(※大通5丁目会場の開催期間は短いです。最初の土日まで。)

大通6丁目会場(ライブ会場)

大通6丁目会場は、ライラックスプリングステージ(吹奏楽等の生演奏)と一緒に軽食(ピザやサンドイッチ、ポテトなど)やスイーツ、お酒を楽しむ会場です。

大通6丁目会場の魅力は何といっても「生ライブ」です。
音楽の演奏(吹奏楽やジャズなど)がメインですが、ダンスなどのライブもあります。

特に、5月18日(土)と19日(日)に開催されるライラック吹奏楽祭には多くの人が訪れます。
私も特に楽しみにしているイベントです!

こちらは「2024年ライラック吹奏楽祭のスケジュール(タイムテーブル)」です。

(クリックorタップで拡大します。)

公式サイトの方にも演奏順が掲載されています → 公式サイト

春の陽気の中で「軽くお酒を飲みながら屋外で生の演奏を楽しめる」といった機会はなかなか無いです。

もちろんノンアルコールでも楽しめます!
ステージ前に3列ほど椅子が並べられていて、持参した水やお茶を飲みつつ音楽を楽しんでいる方々もいます。
ただ、飲食用のテーブルを利用する際の持ち込みはNGでしょうか(?)

こちらは「2024年ライラックスプリングステージ」のスケジュール(タイムテーブル)です。

(クリックorタップで拡大します。)

ライラックまつり初日の5月15日(水)に行われるオープニングセレモニーでは、演奏の後にライラックの苗木1000本を無料でプレゼント!(先着順)

大通7丁目会場

大通7丁目会場は、「北海道産ワイン」と「北海道の名産グルメ」を楽しめる会場です。

いろいろなワインを楽しめる他、「こんなワインが好きなんだけど?」という注文に応えて、ワインガイドの方に手伝って貰いながらワインを選べます。
(注文用紙にオーダーを記入して、案内してもらえます。)

食べ物は、肉から魚介類まで北海道特産と名店のグルメがたくさん出店します。
(大通公園の飲食イベントでは定番の出店者が多め。)

家族や友人と談笑しながら、あるいは一人でゆっくりと、ワインやグルメで「北海道の味」を堪能できます。

大通7丁目会場の出店情報です。

【北海道産ワイン】
【食べ物】

※ワインコーナーは10:00~21:00(LO.20:30)

ライラックを楽しむには?

「ライラックの花を楽しみたいんだけどなぁ~」という方も多いと思われます。
特に大通6丁目・7丁目会場は、正直ゆっくりライラックの花を楽しむスペースがほとんどないです…。

ライラックまつりの会場になる「5~7丁目」より前の、大通公園1丁目~4丁目でライラックの花をゆっくり観賞できます。
特に2丁目と3丁目はライラックの香りで包まれているのでオススメです!

また、大通公園の名物「とうきびワゴン」も出ています!
近年は大人気で行列ができることも珍しくなくなりました。

ライラックまつりの会場とは別に、ゆっくりとライラックと春の陽気を楽しむ方々も意外に多いです。

「解放感」とは?

最初に「解放感があるイベントです」と紹介しました。
ライラックまつり以降、大通公園ではずっとイベントが続くのですが、他のイベントに比べると「堅苦しさがない」という点で「解放感」という言葉を使いました。

他のイベントは、仕切りの柵が設置されたり、持ち出しや持ち込みが結構厳しく禁止だったり…。
そういった閉塞的な感じが全く無いんです。

「飲食ブースへの持ち込みはご遠慮ください」とアナウンスはあるのですが(大通7丁目会場)、「持ち出し」については特に注意はないです。
6丁目、7丁目まるまるイベント会場にするわけではなく、芝生のスペースがあって、そこにレジャーシートを広げて「ピクニック」として楽しんでいる方々が結構います。
そもそも「公園」ですからね~。
マナー守れば、自由に利用していいはずですし。
そういった意味での「解放的」なイベントでもあります。

また、ライラックと同時に木々も緑色が深くなります。
特に北海道在住の方は、長く寒い冬が明けて待ち望んでいた春、そして初夏の到来を存分に楽しめる「解放感」もあると感じられます。

以上「さっぽろライラックまつり」の紹介でした。

北海道外からお越しの方は特に、この時期「1日の寒暖差」が大きいので、上着は用意されていた方が良いと思います。

  1. サポサツ
  2. 観光・イベント情報
  3. イベント情報

関連記事

サイト内検索